menu

ビットコインを換金する方法と知っておきたいこと - ビットコイン 換金 完全ガイド

ビットコインを換金する方法と知っておきたいこと

▼ 目次

日本でビットコインを換金するのなら

ビットコインなどを仮想通貨と言いますが、日本においては通貨として使用するよりも投資目的での購入が多いです。
また、日本ではビットコインを使用して決済できるお店は少ないので、売買取引によって利益がでた場合にはほとんど現金に換金することになります。
しかし、実際ビットコインを換金となった時に、具体的な方法が分からないとか、手数料がどの程度かかるのかなどが分からないという方も少なくないです。

このように、ビットコインの換金方法の理解が不十分なために、手数料で損をしてしまったということも考えられるので、換金方法についてしっかりと知っておく必要があります。
それから、単に換金方法だけではなくて、手数料やレートなどについても知っておく必要があるのです。

様々な換金方法

ビットコインを相対ですぐに換金してくれるサービスを提供している場所が仮想通貨両替所で、多額のビットコインでもすぐに換金できるので便利です。
換金した日本円を現金ですぐに入手できるのが両替所の一番の特徴で、多額の利益を含み益として抱えている方にとってはベストマッチする換金方法と考えられます。

ビットコインの換金サービスのひとつに即時換金サービスというのがあります。
これは、ビットコインで物やサービスを決済した時に日本円へ自動的に換金されるサービスで、ビットコイン決済を導入している店舗で利用されています。
この即時決済サービスとして有名なのがBitpay(ビットペイ)で、これを使用してビットコイン決済できる店舗は、何と世界160ヶ国で約10,000以上もあります。
またBitpayでは、ビットコインに対応したデビットカードも発行していて、全国のVISA加盟店において利用できます。

ビットコイン専用のATMを利用する方法もあって、このATMを使用してビットコインの換金・売買をすることができるのです。
ただATMといってもセキュリティが厳重になっていて、静脈認証や顔認証、免許証のスキャンなどによる本人確認をするので処理に時間がかかるようです。
しかし、ビットコインATMならインターネット環境がなくてもビットコインの売買ができます。
ちなみに、日本国内では渋谷や六本木を中心として約20台程度設置されていて、世界では約1000台程度が設置されていると言われています。

ビットコインの換金で発生する手数料は?

ビットコインの換金方法には様々ありますし、換金する際には手数料がかかります。
また、換金方法によって手数料も異なるので、手数料の違いをチェックして換金方法を選択するのもひとつの方法としてあります。
ビットコインATMでの換金方法は比較的楽なのですが、換金する時にかかる手数料はATMの設置している場所で違いますし、高いという特徴があります。

取引所で換金する方法もあって、一度ビットコインを取引所に入金してから、売却して銀行へ出金するといった流れで換金することができます。
その為、かかるコストはビットコインの入金時・売却時・銀行への出金手数料の3つがかかります。
しかし、取引所によっては取引をするたびに、手数料ボーナスとしてお金が貰える手数料マイナスというのもあって、これは頻繁に取引をする人には有利に働きます。
取引所によって一長一短はありますが、いずれも取引にかかるコストは少なくすみます。

このようにATMでの換金手数料が高いので、すぐに現金が必要でない時には、取引所での換金の方が安く済むので取引所での換金がおすすめです。
ちなみに、どの取引所も銀行へ出金しないと日本円として使用できないため日数がかかるので、使用する機会がある時には余裕をもって換金して出金手続きをしましょう。

日本円に換金時に課される税金は?

ビットコインを換金する方法として取引所やビットコインATMの使用などがありますが、ビットコインにかかる税金についても知っておく必要があります。
ビットコインの課税方法としては総合課税が用いられていて、給与やビットコインで得た利益などの年間の総所得に応じて税率が変わる課税方法になっています。
ただビットコインの課税タイミングは、日本円に換金して利益確定した瞬間になっていて、ビットコインATMや取引所で所有するビットコインを日本円に換金すると、その分だけ課税されてしまうことになります。

それから、ビットコインの所得区分は正式には雑所得で、給与所得・不動産所得・配当所得といったどの所得にも当てはまらない所得区分になるのです。
この雑所得は控除枠がないので、原則としてビットコインで得た利益に対しては全額課税対象になってしまうことを知っておく必要があります。
いずれにしてもビットコインを換金する際には税金がかかるので、税金額をしっかり把握しておくことをおすすめします。
しかし日本円に換金した瞬間に課税されるビットコインなので、言い換えればビットコインのまま利用すれば課税対象にならないということも知っておくと良いです。